2022年1月の不労所得収益は66,212円でした 

トラリピ 2022年1月収益 66,212円

現在、マネースクエアのトラリピを10通貨ペア/約750万円で運用しています。

詳細は次のとおり。

通貨ペア 収益(円)

設定

備考
USD/JPY   1,895 40銭 買いレンジのみ/1ポジ損切
EUR/JPY 17,887 10銭  
EUR/GBP 2,464 40銭  
AUD/JPY 7,851 20銭  
AUD/USD 2,198 40銭  
AUD/NZD 22,120 10銭 買いレンジのみ/ナローレンジ
NZD/JPY    253 40銭 売りポジ多い
NZD/AUD 1,624 20銭  
CAD/JPY 7,120 40銭  
GBP/JPY 2,800 80銭 買いレンジのみ
       
合計 66,212    

 うーん、この設定だったら、14万円くらいの利益は出る見込みなのですが……💦

 稼ぎ頭のオージーキウイが、世界各国の利上げタイミングに入っているため、

そろそろ中央レンジを上抜けそうで、ポジがあまり残ってないんですよねえ……。

 レンジを移動した方がいいかな。

 大規模な金融緩和が終わり、ついに2022年はアメリカをはじめ各国の利上げが予想されます。

 上下にじゃんじゃん動いてほしいですね。

トライオートETF(TQQQ) 2022年1月収益 66,212円

現在、インヴァスト証券のトライオートETF(TQQQ)を、約140万円で運用しています。

詳細は次のとおり。

 
銘柄 今月の利益
ナスダック100トリプル(TQQQ) 0円
合計 0円

0円‼ ( ゚∀゚)・∵. グハッ!! 

いやだってさ、FRB(アメリカの中央銀行制度の最高意思決定機関 )が、そろそろ量的緩和縮小を始めるって言ってるんですよ。

しかも2022年の利上げは、聞くところによると最低3回、場合によっては7回になるかも、というすごい予測さえあります。

ということは、それだけ市場からの資金の回収が激しくなるわけで、株から資金を抜いて、銀行に預ける投資家多くなるわけですよ。

となると、もちろん株価に影響が出るわけですよね。※下がる⤵的な意味で。

Twitter や youtube、ナスダック100のプレや、つたないながらもチャートの形を見て、「これいくらなんでも下がるんじゃね((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」と危機を感じた私は、トライオートETFの稼働を一時全停止したんですよね。

その後、1月12日あたりから25日までにかけて、チャートはダダ下がり。

あちこちで阿鼻叫喚の渦……。

この時稼働を止めていたため、資金の節約ができたため、今はかなり心の余裕があります。

しかし、「グロース株」のカテゴリに入るナスダック100は、2022年はかなり下がる予想が濃厚であります。

40あたりまで下がってくれれば、安心して再稼働できるのですが…。

まとめ:お願いセミリタイアさせて

2020年からセミリタイアに向けて本格的な投資行動を起こしました。

2020年、2021年と比べていけば、着実に利益は増えていってます。

しかし、その伸びが……当初の予定より、はるかに遅いっ(汗)。

このペースでは…ちょっと…5年後のセミリタイアは難しいんじゃないだろうか……。

投資が不調なら副業してブーストするのが一番手っ取り早いんだけど……。